プログラマーになろう!

プログラマーを目指す人向けの効果的なJava学習方法

New

Special

効果的な学習の方法

効果的な学習の方法

プログラミング言語を習得するのに勉強は欠かせません。ここではJavaを習得するのに効果的な学習法法を紹介したいと思います。効果的に勉強できるかどうかで習得にかかる時間はかなり違ってきますので、効果的な勉強を目指しましょう。

Javaの学習の進め方

Javaはプログラミングに使われるものとは言え「言語」ですから、他の英語のような言語と同じように文法を学ぶこととそれを実際に使ってみることが重要になります。それぞれを個別に行うのではなく、文法を学んだら実習してみるというように並行する形で学習を進めるようにしましょう。文法に関しては、ただ解説を読んで理解した気分になるのではなく、きちんと覚えるようにしましょう。
プログラマーとしてやっていくには覚えることは必須です。学習しながらその記録を残していくとモチベーションの維持に繋がるためオススメです。学習時間や内容を記録していけば、今までどれくらい頑張ってきたのかがわかるので自分への励ましになります。

まずは実行環境を準備しよう

Javaを習得するためには文法の学習だけでなく実際に使ってみることが重要だということは前項で説明した通りです。プログラミング言語は使ってみないと身に付きません。Javaを実際に使うためには実行環境の準備が必要ですから、まずはそれを準備しましょう。Javaを動かすためにはJDK(Java Development Kit)という実行環境が必要です。まずはこのJDKを準備してください。

Javaの文法の学習方法

Javaの文法の学習方法としては、書籍などを利用することをオススメします。オススメの本は『独習Java』です。この『独習』シリーズは他のプログラミング言語でも評判の良い本です。この本には解説の他に問題も掲載されていますので、必ず問題を解くようにしましょう。他の学習方法としては専門学校などに通って学ぶ方法があります。

オブジェクト指向を理解しよう

Javaを習得する上で欠かせないのがオブジェクト指向の理解です。オブジェクト指向は様々なサイトなどで解説されているものの、抽象的な解説が多く理解が難しいかもしれません。実は、オブジェクト指向を学ぶのに一番良い方法はJavaを学習することなのです。Javaはオブジェクト指向言語ですから、Java言語の仕様を理解できればオブジェクト指向に繋がっていくでしょう。
一度Javaを学習した後にオブジェクト指向の解説を読んでみてください。学習前に読んだ時にはいまいち理解できなかった説明に納得できるかと思います。Javaの学習には時間がかかりますが、英語などの言語学習と比較すればはるかに短い時間で習得できそれを効果的に使うことができます。プログラマーを目指すのであればぜひJavaを学習してみてください。

未経験フリーターから正社員を目指そう

頭が良くなる知的な仕事
頭が良くなる知的な仕事

求人需要が高いプログラマーは、正社員を目指すフリーターにもおすすめできる職種です。プログラミングを学んで習得すれば正社員としての就職口は多数あります。プログラミングには論理的思考力を要します。プログラマーという仕事は、地道な作業も多々あり粘り強さと根気が必要ですが、何度もプログラムを書くことによって、必然的に論理的思考力が養われ脳が活性化する知的な仕事です。将来性の高さもあり、チャレンジして損はありません。

効果的な学習の方法
効果的な学習の方法

未経験から正社員プログラマーを目指すフリーターにおすすめのプログラミング言語はJavaです。Javaは人気ランキングでも常に上位にあるため、Javaが使えるプログラマーはより需要があるのです。Javaプログラミングは独学でも学べます。独学に適した入門書などを購入し、環境を整えて地道に勉強しましょう。Javaを学習する際の効果的な勉強方法を紹介しますので、より短期間で効率よく習得するためにぜひ参考にしてください。

未経験から転職する方法
未経験から転職する方法

IT産業ではあらゆる分野で開発競争が激化し、全体的にエンジニアが不足しています。プログラマーとしてスキルを積むとシステムエンジニアなどの上位職種にキャリアアップしていくため、新人プログラマーも歓迎される傾向にあります。フリーターから正社員を目指すなら、求人需要が多いプログラマーがオススメです。未経験からプログラマーとして転職する方法を紹介します。未経験なりに独学でもプログラミングを習得しようと努力することは大切です。