プログラマーになろう!

プログラマーの仕事を探そう!未経験から転職する方法

New

Special

未経験から転職する方法

未経験から転職する方法

プログラミングは未経験だけどプログラマーの職に就きたいと思っている方は多いかと思います。ここではどのような人材ならプログラミング未経験でもプログラマーとして採用されるのか、必要な条件などを紹介したいと思います。

未経験でも採用されるのか

プログラマーというとプログラミング言語を使ってソフトウェアなどの開発を行う職業なだけに、プログラマーになるためにはどうしてもプログラミングのスキルが必要なように思えてしまいます。実際プログラミングのスキルや経験があれば有利にはなりますが、経験がまったく無くても必要な条件を満たしていればプログラマーとして採用されるケースはあります。プログラミングが未経験であっても、そこからプログラミングのスキルを身につけられるかどうかがポイントになります。
身につけられる条件がそろっていれば、採用した後に学習させることでプログラマーとしてのスキルが身につくだろうと見なされるわけです。逆に条件がそろっていなければ学習させてもプログラマーとしてやっていくのは難しいだろうと判断されるわけです。未経験でもプログラマーとして採用されるために必要とされる条件については、この後具体的に紹介していきます。

未経験者に必要な条件

まず必要な条件の1つ目は、やる気があり積極的な人です。現時点ではプログラミングの経験がないわけですから、プログラミングのスキルを身につけるためには吸収する力が必要です。そのためにはやる気があって積極的でなければいけません。
2つ目の条件は継続性を持って頑張れる人です。プログラミングのスキルがある程度身に付いた後にはプログラマーとしての仕事に就くことになります。プログラミングの学習はそこで終わりではありません。プログラマーは継続的に学習することが必要な職業なのです。ですから継続的に頑張っていけるということが条件として必要になります。
3つ目はコミュニケーション力があることです。プログラマーの職業は、他の人からの要望を聞きながらそれをプログラムという形にしていく職業です。そのためコミュニケーション力があるかどうかはとても重要なポイントになります。
4つ目は年齢が若いということです。プログラミングが未経験な状態で転職するとなると、実際に一通りの仕事ができるまでに今の年齢プラス3年程度の学習期間が必要になります。プログラマーとしてバリバリやっていくためには30代になる前であるほうが好ましいと言えるでしょう。

実際に転職するには

プログラミング未経験者がプログラマーに転職するのであれば、志望する動機は明確にしておきましょう。これは条件の1つ目のやる気という面にも繋がることですが、プログラマーになりたい理由がはっきりしていないと採用の担当者には仕事にきちんと取り組んでくれるかどうかはっきりしていないと見なされてしまいます。プログラマーになりたい理由を履歴書や面接でしっかりとアピールするように心がけてください。求人に応募する時には、未経験可となっている求人のほうが良いでしょう。

「未経験可」の求人を探すには

IT業界の転職支援のサービスを行っているKCCTがオススメです。

オフィシャルサイトはこちら

未経験でもプログラマーになりたいという転職希望者と、人材を求めている企業とのマッチングを行って紹介していますので、プログラミングが未経験の方がプログラマーの仕事を見つけるために是非とも活用したいサイトです。

未経験フリーターから正社員を目指そう

頭が良くなる知的な仕事
頭が良くなる知的な仕事

求人需要が高いプログラマーは、正社員を目指すフリーターにもおすすめできる職種です。プログラミングを学んで習得すれば正社員としての就職口は多数あります。プログラミングには論理的思考力を要します。プログラマーという仕事は、地道な作業も多々あり粘り強さと根気が必要ですが、何度もプログラムを書くことによって、必然的に論理的思考力が養われ脳が活性化する知的な仕事です。将来性の高さもあり、チャレンジして損はありません。

効果的な学習の方法
効果的な学習の方法

未経験から正社員プログラマーを目指すフリーターにおすすめのプログラミング言語はJavaです。Javaは人気ランキングでも常に上位にあるため、Javaが使えるプログラマーはより需要があるのです。Javaプログラミングは独学でも学べます。独学に適した入門書などを購入し、環境を整えて地道に勉強しましょう。Javaを学習する際の効果的な勉強方法を紹介しますので、より短期間で効率よく習得するためにぜひ参考にしてください。

未経験から転職する方法
未経験から転職する方法

IT産業ではあらゆる分野で開発競争が激化し、全体的にエンジニアが不足しています。プログラマーとしてスキルを積むとシステムエンジニアなどの上位職種にキャリアアップしていくため、新人プログラマーも歓迎される傾向にあります。フリーターから正社員を目指すなら、求人需要が多いプログラマーがオススメです。未経験からプログラマーとして転職する方法を紹介します。未経験なりに独学でもプログラミングを習得しようと努力することは大切です。